スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニーで英語を伸ばす

英語は難しい。

シドニーに住んで早いもので8年以上が経過する。
ただ、英語のレベルは3年目以降あまり向上されていない気がする。

自分はシドニーのローカルの企業に7年勤めている。
当然、社内のコミュニケーションやミーティングは全て英語である。
ただ、そんな状態でもネイティブレベルとは程遠い。

今日会社の部署でランチを食べに行った。
当然みんな英語が第一言語というか、英語しかしゃべれないネイティブである。
まぁ話題はくだらない日常の事であり難しくもないので意味は全然わかる。
ただ、自分がしゃべると若干話のリズムがゆっくりになるのだ。
というのは、聞いているみんなもちょっと普通より集中して聞く必要があり、
ああ俺の発音ってわかりにくいんだろうなぁと思う。

シドニーに長く住んでいると、当然英語で劣等感を感じることはある。
というか、実際に英語力がネイティブには劣るので劣等感を感じるのは当然なのだが。

ただ、シドニーに長いこと住んで思うことがある。
英語力がないということで、そこまで自分を卑下に思うことはないのである。

言語は所詮環境のものであり、日本で育った日本人には英語が苦手なのは当然なのである。
なので、発音が悪かろうがなんだろうが喋り捲ればいいのであり、
意味が通じなければ、逆に向こうの理解力が悪いくらいの強気の態度でいればいいのだ。

と、またブログを書いていくうちに内容が曲がってしまったが、
英語というのは意識して勉強をしないとなかなか伸びないものである、ということをいいたかったはずなのだ。

海外に長く住めば英語力が伸びると思うのは大間違いなので、
英語を本当に勉強したい人は毎日がんばって勉強しましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。